探偵仕事チラシ配り
 

HOME
出会い
チラシ配り
チラシの意味
行動範囲
体力作り
さぼりチェック
探偵さんと居酒屋
探偵紹介
調査へ
調査の結果
 

HOME

わたしのアルバイト。
なんでも屋、みたいな?
ちょっとした場所の広告主を探す営業をしたり、得意のパソコンを使ってブログの土台をつくってあげたり。
ちゃんと就職しようと、保険屋さんに入社したこともある。
けれど、3ヶ月で辞めてしまった。

最近では、親戚を勧誘しろとは言われないんですね。
形だけで契約して、解約率が高くなっても、よろしくないのかな?
その分、契約を取り続けなければ、という強迫観念がわたしの中に湧いてきてしまい、そのプレッシャーに負けてしまっただけ。

他にもいろんな仕事をしてみましたが、それは後々のお楽しみ。
ただ、どれも長くは続かなかった。

そのわたしが。
最近、始めた新しいお仕事。
それが、面白い。
チラシ配り。
ポスティングとも言うらしい。
名古屋へ移り住んで、早や4年。
これって、わたしの転職?
と、言えるほどの仕事ではないのですが・・・。

なにが楽しいか、というと、箱単位でチラシをもらうのだけれど、それを取りに行くときと、バイト代をもらいに行くとき、名古屋の探偵さんに会うのが楽しい。

そう。
わたしの配っているチラシは、とある名古屋の探偵会社のものなのです。
知人から紹介された探偵会社なのですが、自分がこれほど続けようと思うとは、自分自身も意外だと感じるくらい。
仕事って、楽しみがあると続くものなんですね、って、今さらながら知ったわたし。

ただ、話しを聞くというのが、こんなに楽しいと思えるなんて。
初めてです。
それくらい、探偵さんのお話しが面白かったんです。
わたしの見たことのない、経験したことのないお話し。
そして、何ヶ月かに1度、名古屋市内で飲みに連れて行ってくれるので、余計それが楽しみで。

名古屋に来てからというもの、なぜか主婦さんと友達になることが多く、わたしの友人との時間は、もっぱらランチタイム。
旦那さまとの愚痴を聞いたり、不安なことを相談されたり。
昼日中から。
独身のわたしには、先に希望が持てなくなるようなお話しもあったりして。

主婦さんは、夜、出かけるのが難しいみたいで、当然、わたしも飲みに行くことがほとんどない。
なので、飲みながら聞く探偵さんのお話しは、わたしにとって最高の時間なのです。

いつまでこの仕事が続くか、楽しみです。



WHAT'S NEW
年齢を重ねていくと、飲み物も冷たいものは避けるようになってきます。喫茶店に行っても冷たいものをとらなくなってくるんですよ。ある時、年配の方に熱くないですか?って聞いたことがあります。そうしたら、冷たいものは体に悪いからっておっしゃってました。夏に冷たい飲み物を頂くと美味しいですが、それが、よくないんだそうですよ。熱中症のためなら、常温の方が体にいいそうです。冷たいものをとると、自律神経が変調をきたすようです。冷房で体の外から熱を取って、体の中からは冷やさないほうがいいんだそうです。デイリーヤマザキでは、わざと常温のお茶と水を販売したら、ひそかにヒットしているそうです。夏バテ予防だからと、先日あわび 通販を注文してしまいました。食欲が湧かなかったので、栄養をつけようといる明らかな無理な理由付けですが、しょっちゅう食べるわけではないですからね。夏はアワビで、冬は越前ガニ 通販で注文しちゃいます。夏と冬の海鮮で贅沢といえば、この二つかなって思います。結婚して子育てと家事をしながら、パートで昼間仕事に出ています。配偶者控除の対象になるために、枠内で働いているので、年末に近くなると休みを取るようにします。調整をしないと枠を超えて税金がガンと上がってしまうからです。まずは、103万円の壁ですが、この壁を越えなければ妻の分は、所得税を払わなくていいんですよ。で、妻を養っているので、配偶者控除を受けられます。この金額が38万円で、収入から、この金額分は所得税がかからないんです。もうひとつ130万円の壁があります。この壁を越えると、社会保険料を支払わなくてはいけなくなってしまうんです。で、141万円を超えると、配偶者特別控除もなくなるんですよね。なので、働くなら、どんどん働き、この微妙な線なら、枠内に収めるように気をつけたほうがいいでしょうね。なので妻が150万円稼ぐと、129万円に抑えたときより、手取りが減ってしまうという事を覚えておいてほしいです。なので、働くなら160万円以上稼がないと損です。働いてみてよく分かるんですが、子供にかけるお金ってこんなに多いのって思いますね。普段は切り詰めて、旅行やたまに地方の美味しい通販を頼むのが今出来る贅沢ですね。

大学のサークル活動やイベントごとがとても楽しそうで羨ましいです。私は家の都合で大学にはいけませんでしたが、代わりに専門学校に行きました。なんの専門家といえばデザインの学校です。そして兄が塾 仙台だったかな?その辺りにあるアパートに下宿をしていた事もあり、私も専門学校に通うために下宿をしたいと親に言ったのですが、私が通おうとしていた場所は家から電車で40分足らずで行ける場所だったため、無理に下宿をしなくもいい、それにあなたは女の子なんだからお兄ちゃんみたいに二言目にオッケーなんてことはできません。と拒否されてしまったのです。普通だったら子供が一人暮らしをしたいといったら喜んで送り出してくれるものだと思っていたのです。しかし女だという理由名だけで家にとどまることを推奨されました。これが俗に言う箱入り娘と言うものなのでしょうか。大事にされている事はとても喜ばしい事なんですが度を越えすぎているような気がしなくもないです。周りの友達なんかは早くから一人暮らしをしている子が沢山いますし、高校を出てすぐに子供ができて主婦になった子もいます。そうゆう周りを見ているからこそ余計に一人暮らしをしてはいけないという理由が全く腑に落ちないのです。この歳で家にいることの方がよっぽど大人気ないような気がするんですがそうでもないのでしょうか・・?

名古屋の中には色々な探偵事務所が有ります。探偵 名古屋に就職する時、面接が行われることになります。この面接では、何故、この事務所を選んだのかと言った志望動機を聞かれることになります。探偵と言う仕事は、テレビドラマのような生易しいものは無いと聞きます。何日も張り込み調査を行う事も有りますし、何日も家に帰れないこともあると言います。それ故に、しっかりと最後まで責任をもって働いてくれるかどうかが雇用するか否かの分かれ道と言えるのです。志望動機についても、責任感を持って業務を遂行出来るかどうかという事が紐づけられている事が必要となるのです。探偵と言う職業に求められることは責任感の他にも、体力であったり、自動車の運転技術、一般常識、人とのコミュニケーション能力と言ったものが必要とされます。但し、自動車の運転技術と言うのは、実際の仕事を行う中で後からついてくるものですので、面接を行う時は運転技術よりも運転能力と言うものが在ることが必須とされます。また、探偵の仕事の依頼は様々であり、中には人の弱い部分を探らなくてはならないことも多くありますので、強い精神面が必要とされる職業だと言えるのではないでしょうか。

整体学校に通いたいと思っても、学校が近くにない方も大勢います。この場合には、通信講座を利用して自宅で勉強を行ってみるとよいでしょう。通信講座を利用した場合、住んでいる場所を問わずに勉強を行うことができます。そのため、近くに整体学校が見つからない方でも、必要な勉強を行っていくことができますし、自分のペースを維持した状態で学んでいくこともできるのです。このように、その方の状態を問わずして整体についての勉強が行える点が、通信講座の魅力となっています。また、通信講座の場合、現役の講師が細かく指導を行ってくれますので、必要な技術を身に着けることができます。現役で活躍している講師であれば、本当に必要な技術を教えてもらうことができますし、基礎となる部分だけではなく最新の技術や応用した技術を身に着けることもできるのです。自宅で気軽に本格的な勉強を行いたい方には適した勉強法になるのですが、現役で仕事を行っている整体師の方も、技術の向上に役立てることが可能です。現役として活躍されている方でも、より技術を高めたい方は、仕事が終わってからでも勉強を行えますので、仕事に影響を与えることなく技術を身につけられるのです。

高校生の頃から遺伝なのか白髪が多めで、30歳を過ぎた今では白髪染めを定期的にやらないと実年齢より歳を とってみえるんです。妊娠中は頭皮へのダメージなどあるのがイヤだったので染めるのを控えたり、子供が小さ い時は美容院へ行く時間がなかったり、家でやるにも時間がなかったので、白髪をそのままにしてました。白髪染め ヘナは、天然植物染料なので、市販の白髪染めでかぶれたりした人にも使え、髪にダメージを与えなくて よいと思います。染める時は時間がかかりますが、一度染めると色が抜けません。ただ、強いニオイがあったり、 粒子で排水溝がつまったりするかもしれないので、気をつけないといけないかもしれません。ヘナ選びも重要で、 ペースト状で売っているものや、色が鮮やかな緑色のものは気をつけたほうがよいです。そして、鮮度が悪いも のや品質があまりよくないものだと効果もよくないので、上質のヘナを選べるとよいと思います。物選びや染め る時間等の準備は大変ですが、髪に対する効果はよいものだと思うので、一度使ってみて、自分で効果を実感す るのもよいと思います。

名古屋においても、「リフォーム工事」に関する借り入れは、現時点では比較的「低金利」だと言えるでしょう。とはいえ厳密に言いますと、「リフォーム工事」に関する借り入れがとくべつに「低金利」が設定されているというわけではなく、「リフォーム工事」の場合はもともとの工事費用が、新築の住宅を建てる際に必要となる工事費用に比べると、格段に低い金額である点からも、金利が低く設定されているのです。しかしながら、金融商品を選ぶ側の人間からすれば、「リフォーム工事」に関するローンの金利が低いのであれば、魅力的にうつることは間違いないことでしょう。ですからこそ、「リフォーム工事の資金が貯まったらやってみよう!」ではなくて、「こんな魅力的な金融商品もあって、今は控除も受けられるらしいし、それならばリフォーム 名古屋工事をおこなうタイミングは今でしょ!」というような勢いもあり、改修工事を検討する人が増えているのです。とくに名古屋のような金融機関激戦区とも言える地域では、各金融機関が魅力的な金融商品をアピールしていますからね。他の地域よりも興味を示す人が多く、そしてまた「お得だ」という印象を与えるほど、魅力的な金融商品を出している金融機関が多いのも事実なのです。

浸水被害への補償については、契約している保険によって違ってきます。ゲリラ豪雨や台風などによって被害が出たときに気になるのは保険金の支払いのことです。都市型の水害も増えていますので、水害はどのような形で襲ってくるか分かりません。お住まいの地域の近くに川などがないからといって安心はできません。浸水被害への補償に関しては、水害に対応できるタイプの火災保険に加入しているかどうかによって違います。火災だけでなく、浸水の補償に関しても、火災保険でカバーすることになります。しかし、加入している火災保険によって対応は違います。加入している火災保険でどの程度までカバーできるのかを把握しておくことが大切です。新しい火災保険に加入しているのか、古い火災保険に継続して加入しているのか、といったことでも対応は変わります。最近の火災保険は会社によって内容が色々ですから、加入している保険会社の商品がどうなっているのかを把握しておかなければいけません。新しい保険では被害を100%補償してくれるようなものもありますが、昔のタイプですと上限が決められているものもあります。被害にあっても思っていたほどの金額が補償されないことも考えられますので、事前に確認しておくことは大切です。また、浸水の被害にあったときにも状態によって保険金の支払いは異なります。加入している保険の基準を事前に確認しておかないと、万が一のときに役に立たないということも考えられます。特に水害の危険性が高い地域にお住まいの方は、加入している火災保険について確認をしておくほうがよいです。保険金の請求には罹災証明が必要となるのが一般的です。罹災証明は市区町村で発行されますので、請求の際には忘れないようにしましょう。補償の対象となる範囲についても確認しておく必要があります。浸水した場合には、被害が出るのは建物だけではありません。家財道具も泥や汚水などで被害が出ます。以前の生活に戻せるように、適切な保険を選んでかけておく必要があります。水をかぶってしまえば家電などもダメになってしまいますし、様々な家財が使い物にならない状態となります。片付けるのも大変な状態になりますので、浸水の被害についてはしっかり備えておかないと思わぬ事態を招くことになります。状況に応じた火災保険に加入しておくことが大切です。いざというときに後悔しないためには、加入している火災保険の浸水時の補償についてキチンと確認しておくことが何よりも大事です。

名古屋市内の結婚式場では、見学会をおこなっている会場がほとんどです。雑誌やインターネットで見ているだけではわからない会場の雰囲気や披露宴会場の大きさなど、実際に見てみるとイメージがしやすいですから、気になる結婚式場を見つけたらどんどん見学会に出かけてみましょう。名古屋の場合、結婚式場 名古屋やホテルなどもたくさんありますから、こういった場合だと列席する予定のゲストの来やすさを確認するためにも、公共交通機関を使って見に行ってみるのがおすすめです。特に地方からお祝いに駆けつけてくれる年配の親せきでもわかり易い場所であるかどうかが判りますから、場所の説明もしやすくなります。結婚式場の見学会というのは、だいたい予約が入りにくい日柄の良くない土日などに行われることが多いのですが、空いている時間帯なら個別に見せてくれる式場がほとんどですから、ぜひとも自分の目で確かめてから式場を決定したいものですよね。また、料理の試食会などを行っている会場もありますから、美味しい料理をゲストに食べてもらいたいと思っている人でしたら、試食会には必ず参加してから会場を決定した方が良いでしょう。それぞれの結婚式場によって良いところと悪いところは必ずあるものですから、総体的にみて決定すると良いですね。また、演出などでしたら、コーディネーターと相談をしながら希望にそったものを出来る会場が多いですから、なるべく具体的に希望を伝えて相談しながら話を進めていきましょう。結婚式というのは、新郎新婦の希望が一番重要になります。ですから、その希望に出来るだけ近付けられるように、式場のスタッフも努力をしてくれるものです。なんでも「出来ません」「それは無理です」などで片付けられるような会場ですと、せっかくの結婚式が妥協だらけで良い思い出になりませんから、出来るだけ新郎新婦のわがままを聞いてくれる結婚式場で結婚式を挙げたいものですね。